新着情報

新着情報

箱根のイベントを楽しむ2

箱根の夏を彩る“箱根強羅夏まつり大文字焼” 箱根の三大祭の一つ

温泉や豊かな自然、歴史情緒溢れる街並みなど、箱根にはたくさんの魅力があります。疲れた身体を温泉で癒やすために、自然を満喫するために、非日常を味わうために、多くの方が箱根の地を訪れます。
「強羅夏まつり大文字焼」も魅力の一つです。箱根三大祭の一つでもある「強羅夏まつり大文字焼」は、強羅温泉から向かって正面にそびえ立つ明星ヶ岳の山頂付近で行われます。大文字が点火されるのと同時に、色鮮やかな打ち上げ花火や仕掛け花火、スターマインやナイアガラも打ち上げられ、幻想的な雰囲気が強羅温泉の夜空を彩ります。
強羅夏まつり大文字焼は、毎年8月16日に開催されます。お盆休みということもあり、全国各地から多くの観光客が訪れ、毎年約30,000人もの来場者を誇るマンモスイベントとなっています。

 

箱根強羅夏まつり大文字焼のはじまり

強羅夏まつり大文字焼は、1921年(大正10年)から約100年も続いている歴史あるお祭りです。
1887年(明治20年)に箱根登山鉄道が開通してからというもの、避暑地でもある強羅で夏を過ごす方が多くなり、もっとも避暑客が多いお盆の時期に「送り火」の意味も込めて大文字焼が行われるようになりました。小田原電気鉄道(現:箱根登山鉄道)をはじめとし、地元の有志者や多くの財界人によって考えられ、開催決定に至ったのです。強羅夏まつり大文字焼は今もなお続き、強羅の夏の夜を彩る伝統あるお祭りとなっています。

 

大文字焼きの由来

箱根に限らず、「大文字焼」は全国各地で行われています。有名な場所としては、京都や奈良、山梨や静岡、秋田や栃木、大阪や高知などでも行われています。
何故大文字焼を行なうのかというと、その説は諸説あります。一般的には、「仏教では、五芳星は霊祓いの意味があり、霊を冥界へと送り出す五芳星の『星』をかたどったものとして『大』が用いられているのではないか」という説があげられます。

 

おすすめの観賞スポット

箱根強羅夏まつり大文字焼は、毎年約30,000人もの来場者が訪れるマンモスイベントとなっているため、花火が打ち上がる会場周辺は大変混雑します。そのため、「人が多すぎて花火に集中できない……」という方や、「できるだけ人が少ないところで大文字焼を拝みたい」という方もいるのではないでしょうか。
混雑を避けたい方におすすめの観賞スポットとして、いくつかの場所があげられます。たとえば、「早雲山駅の展望テラス」です。高所でもあるこの場所では、明星ヶ岳を真正面に見ることができ、大文字焼を同じ目線で見ることができます。なお、駐車場が無料であり、コストがかからないのも魅力です。
また、「餃子センター付近」もあげられます。ここは強羅公園の近くであり、あまり人は集まりません。階段などに腰掛ければ、足も疲れずゆっくりと観賞することができます。

他にも、おすすめの観光スポットとして「箱根美術館の駐車場」があげられます。強羅夏まつり大文字焼の当日、ここは大文字焼来場者のために専用駐車場が無料で開放されます。高所でもあることから眺めもよく、人も少ないのでおすすめの場所です。

全国各地から多くの人々が詰めかける強羅夏まつり大文字焼。
「混雑を避けて大文字焼を見たい」という方でも、上記であげたような比較的人が少ない観賞スポットを選べばゆっくりと見ることができます。

 

参考URL

「お悩み解決.com」 箱根強羅大文字焼2015の日程は?由来は?おすすめスポットは?
http://hth-rockcor.com/675.html

 

「箱根強羅観光協会 公式ホームページ」 強羅の歴史現在の強羅
http://goura-kanko.jp/blog/2012/02/post-7.html

 

「花火大会2015」 箱根強羅夏まつり大文字焼
http://sp.jorudan.co.jp/hanabi/spot_87657.html

16/05/25|information

ページの先頭に戻る

箱根に宿泊するなら 3

温泉旅行をするなら……旅館とホテルどっちを選ぶ?

日常生活から抜け出し、非日常を味わえるのが旅行の魅力です。その土地々々の観光名所を巡ったり、郷土料理を味わったり、写真撮影やお土産選びを楽しむなど、旅行の楽しみ方は、人によってさまざま。また、現地での「出会い」も魅力の一つです。さらに「宿泊」を楽しむのも、旅行の醍醐味なのではないでしょうか。
旅行に出かける際、ほとんどの方が宿泊施設に泊まります。ペンションや民宿、コンドミニアムなどさまざまな種類の宿泊施設がある中で、特に人気の高い宿泊施設と言えば、「旅館」と「ホテル」があげられます。「旅館にしようか、ホテルにしようか……」と、どちらに泊まろうか迷ってしまう方も少なくありません。
ここでは、旅館とホテルのそれぞれの違いと、それぞれの魅力についてご紹介します。

 

見た目の違いと魅力

旅館とホテルの違いでまずあげられるのは、「外観・内観」です。旅館は、外観・内観ともに和式で造られています。「和」とは、日本人のルーツでもあります。和式のものを見ると不思議と心が落ち着くのは、こうした潜在意識があるからなのではないでしょうか。
旅館の魅力として、忘れてはならないのが「温泉」です。多くの旅館には天然温泉があり、「旅館に温泉は付き物」と言っても過言ではありません。天然温泉が無くても、人工温泉や大浴場がある旅館がほとんどです。人工温泉や大浴場など広々とした湯船に足を伸ばして入るだけで、かなりのリラクゼーション効果があります。こうした効果を求めて、多くの方が心と身体の癒しを求めて旅館に宿泊しています。

和式の旅館に対しホテルは、外観・内観ともに洋式で造られているものがほとんどです。世の中の欧米化が進んでからというもの洋式文化に憧れを抱く方は多く、住宅でも洋式住宅が人気を集めるようになりました。洋式住宅は明るくて清潔感があり、快適に暮らせることから住宅の中でもメジャーになりつつあります。
洋式住宅と同じく、ホテルには清潔感があり、明るく洗練されています。ホテルでは、畳の上に布団を敷いて寝る旅館とは違いもともと置かれているベッドで寝るため、普段布団を敷いて寝ている方にとって「新鮮さ」も感じられます。
こうした非日常的な洗練された空間を味わえるのが、ホテルの魅力だと言えます。

 

サービスの違いと魅力

旅館とホテルには、見た目の違い以外にも「サービスの違い」があげられます。
旅館は、基本的に一泊二食付きとなっている場合が多く、周りに気を遣わずに食事が楽しめる部屋食を選べるところが多くあります。旅館に泊まれば、旅先で食事の心配をする必要はありません。また、一部屋につき担当の仲居さんが付き、荷物を運んでもらえたり食事の用意をしてもらえたり、布団を敷いてもらえるなど身の回りのさまざまなサービスを受けることができます。
一方ホテルでは、一泊朝食付きが主流となっており、ホテル内のレストランで食事をとるのが一般的です。追加料金を支払えばルームサービスも利用でき、部屋で食事をとることもできます。指定の時間内であれば、いつでも自由に食事をとることができるのがホテルの魅力の一つです。仲居さんが付いてくれる旅館とは違い、ホテルではプライバシーが重視されているため、客室内にスタッフが入ることは清掃時以外ありません。セキュリティー性が高く部屋には防音対策もなされているため、子ども連れであっても周りに気を遣うことなく室内で過ごすことができます。

 

選び方のポイント

旅館にするかホテルにするかを選ぶポイントとしては、「宿泊施設に何を求めるか」が重要となります。
景色や風情のある雰囲気を楽しみ、温泉や大浴場にゆっくりと浸かり、何もせずのんびりと過ごしたいのであれば旅館がおすすめです。
一方で、観光名所を巡ったり、外食を楽しんだり、写真撮影やお土産選びに勤しんだりと外出メインで旅行を楽しみ、「宿泊先では安心して寝られたらいい」というのであれば、誰にも気を遣うことなく休むことのできるホテルがおすすめです。

このように、旅館とホテルにはそれぞれポイントがあげられます。ポイントを踏まえた上で、宿泊先は選ぶことが大切です。

 

参考サイト

「旅ism」 ホテルと旅館の違いが深い!こんなメリットデメリットもあった
http://xn--ism-4w8f.com/hotelryokanmeritdemerit-121

 

「るるぶトラベル」 旅館・ホテル・民宿の違いを知って、お宿選びに役立てよう!
http://rurubu.travel/theme/ryokan/02.asp

16/05/20|information 新着情報

ページの先頭に戻る

平成28年5・6月初夏の和洋会席膳「湖畔に若葉の木漏れ日の頃」

今年はつつじの開花が例年に比べて早いようです。新緑も日に日に色濃くなっています。大涌谷の黒卵が復活して当ホテルの向かい側に販売店の「黒卵館」がオープンし連日行列ができるほどの人気振りです。仙石高原のさわやかな初夏の風に乗ってホテル花月園の初夏のお料理をお届けします。

和洋会席膳 「湖畔に若葉の木漏れ日の頃」

料理長 佐藤 隆志  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆小  鉢   文最中・アボガド白和え 木干し椎茸・蒟蒻・大納言

◆前  菜   真鴨と赤玉ねぎのマリネ
◆造  り    季節の新鮮海の幸   妻一式・山葵

◆焼   肴    銀鱈西京焼  茄子台・輪掛け梅・らっきょう・諸味噌・はじかみ

◆メインディッシュ   漬けカツオフリッター

◆煮  物   穴子千草巻・天豆・わらび・季節麩・絹玉子・べっ甲餡
◆鍋       しゃぶしゃぶ  牛肉・水菜・榎木茸・マロニー・笹打ち葱・椎茸・人参

◆お  椀   赤だし  じゅんさい・巻麩・三つ葉・山椒

◆デザート   味噌プリン

16/05/19|和洋会席膳 お品書き

ページの先頭に戻る

 《つつじまつり》まもなく終了です

今年の「つつじまつり」は5月8日からスタートしましたが、いよいよ終盤にさしかかりました。今年の開花は例年より早いペースでしたので終了予定日の22日(日)までご覧いただけないかも知れません。開花状況はお電話でお問い合わせください。なお、明日20日(金)のランチ営業は勝手ながらお休みさせていただきます。

★期間  平成28年5月8日(日)~5月22日(日)までの15日間(予定)
★昼食  和洋「つつじ御膳(松花堂弁当)」¥2,250(税込)
<サラダ+フルーツ+プチケーキ+ドリンクバーが付いてます>
★営業時間 11:30~13:30(ラストオーダー 13:00)

 

◎以下の画像は5月8日~15日頃の満開時のものです。クリックすると拡大します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16/05/17|information

ページの先頭に戻る

第60回箱根名人戦将棋大会開催のご案内  H28.6.5(日)

王将戦、名人戦、棋聖戦など数々の将棋の対局場としてご利用いただいております当ホテル花月園において、6月にアマの箱根名人戦が開催されます。この機会に是非腕試しをしてみては如何でしょうか。ホテル花月園では、開催日前日と当日のご宿泊を特別料金にてご提供させていただきます。


※画面をクリックすると拡大になります

16/05/01|オススメ!イベント情報

ページの先頭に戻る