新着情報

新着情報

初めての温泉旅行特集 2

温泉旅行に必要な持ち物は?

温泉旅行に行く際、「持ち物」チェックは忘れずに。ひと通り持ち物をチェックしてから荷造りを始めましょう。今回は、温泉旅行に必要な持ち物を男女別に分けてご紹介します。

 

まずは一般的な持ち物をチェック

まず、温泉旅行の持ち物としては、バスタオルやフェイスタオル、ドライヤー、ビニール袋が挙げられます。
バスタオルやフェイスタオルは施設がすでに用意している場合がほとんどですが、予備として持って行くと何かと便利です。また、なかにはバスタオルやフェイスタオルが用意されていない施設もあります。そういった細かい点はホームページなどで事前にチェックするか、問い合わせて確認しましょう。
ドライヤーもバスタオルやフェイスタオル同様、ほとんどの温泉施設が用意している備品です。ただし、数に限りがあるので順番待ちになってしまうこともあります。手早く髪を乾かしたいのであれば、自分用のドライヤーを持っていくとよいでしょう。
ビニール袋は、濡れたバスタオルやフェイスタオル、下着などを収納するのに持って行きましょう。コンビニやスーパーの袋を1~2枚用意しておけば事足ります。不安な場合は、大きめの袋を1枚用意しておくとよいでしょう。

 

女性はメイク道具、ヘアゴム・ブラシを忘れずに

女性は以下の持ち物もしっかりと確認してから荷造りを行いましょう。

・メイク道具
女性特有の持ち物といえば、まずメイク道具が挙げられます。化粧水や乳液、美容クリームなど、いつも使っているものを携帯しましょう。
また、「かさばるのが嫌」という人は旅行用のコンパクトなメイク道具を持っていくのも手です。

・ヘアゴム・ブラシ
髪の毛が長い人はヘアゴムも忘れないようにしましょう。髪の毛が湯船に浸かると、せっかくのお湯を汚してしまいます。湯船に髪の毛が浸からないように、ヘアゴムでしっかりと髪をまとめるのがマナーです。ブラシは、髪の毛をスムーズに乾かしたり整えたりするのに必要です。ブラシも用意されている施設とされていない施設があるため、事前の確認が必要です。

 

男性は何を持っていくべきか

男性は女性に比べると、化粧品などの荷物がない分、身軽になります。身だしなみを整えるためのものや、必要なものを選んで荷造りをすることが大事です。

・髭剃り
身だしなみを整えるのに欠かせない髭剃り。髭剃りは旅館に備え付けられていることも多いですが、使い心地が悪かったり肌に合わなかったりする場合もあります。心配な場合は、使い慣れている髭剃りを用意しておきましょう。

・整髪料
普段から整髪料を使っている人は、温泉地にも忘れずに持って行きましょう。コンパクトサイズの整髪料はかさばらないため、荷物をすっきりまとめたいという人にピッタリです。

 

備えあれば憂いなし

温泉旅行を楽しむためにも、持ち物のチェックはしっかりと行っておきたいものです。必需品はもちろん、薬や生理用品など、個人で必要なものもしっかりと用意しておくと、いざという時に安心です。

 

参考サイトURL

「日帰り温泉心得!!」
子連れ温泉ガイド地熱愛好会
http://spa.s5.xrea.com/day/kokoroe.htm#two 2015/6/26参考

「日帰り&一泊の温泉旅行持ち物リスト【男女】タオルは要る?」
読めばなるほど!【知って得する豆知識】
http://xn--p9jbr9b1a6d5316g.com/archives/2493.html 2015/6/26参考

15/07/14|information 新着情報

ページの先頭に戻る

貸切風呂を単純泉≪源泉掛け流し≫で再オープンしております 

大涌谷の警戒レベルが 上がったことにより、温泉供給会社施設のメンテナンスが出来なくなったせいで当ホテルの貸切風呂への硫黄泉が7月始めから途絶えていましたが、このたび大浴場と同じホテル敷地内から自噴している単純泉を引き込むことに致しました。ご利用は7月10日からになります。今までどおり4室を予約なし、無料で 24時間いつでも(4室満室の場合はお待ちいただきます)ご利用いただけます。にごり湯ではありませんが、この単純泉ももちろん源泉掛け流しで、神経痛、筋肉痛、五十肩、運動麻 痺、うちみ、くじき、関節のこわばり、疲労回復、痔疾、慢性消化器病など幅広い効能があります。ごゆっくりお入りください。


15/07/09|information

ページの先頭に戻る