新着情報

新着情報

箱根を遊びつくす2

芦ノ湖の海賊船でクルージングを楽しむ

芦ノ湖は、箱根でも屈指の観光スポットとして知られています。芦ノ湖周辺には、豊かな自然と有名なパワースポットなどの見どころがたくさん。その見どころの1つとして人気なのが、芦ノ湖を優雅にクルージングする“海賊船”です。欧州風の優雅な外観と、快適に過ごせる船内の内装が特徴の船で、芦ノ湖周辺の景色を楽しみながらクルージングすることができます。
そこで今回は、そんな芦ノ湖の海賊船の見どころについて紹介していきます。

 

3つの異なった魅力を持つ観光船

芦ノ湖をクルージングする“海賊船”には、3つのタイプがあります。それぞれ外観も内装も異なり、どの船に乗るかで違った魅力を感じることができます。

・イギリスの戦艦がモデル ビクトリー号
芦ノ湖のクルーズ船の1つ“ビクトリー号”は、黄色と黒を基調とした外観が特徴の船です。このビクトリー号は、18世紀のイギリスにて建造された戦艦“ビクトリー”をモデルに建造されました。
戦艦ビクトリーは建造されてからいくつもの海戦で活躍し、現在でも本国イギリスでは保存・展示されています。芦ノ湖クルーズ船“ビクトリー号”の外観や内装は、本家ビクトリーの当時の雰囲気に倣って再現されています。
船の2階は特別船室となっており、ゆったりとしたソファーでくつろぎながら芦ノ湖周辺の景色を楽しむことができます。宝箱やトリックアートなど船内装飾も多いので、海賊気分が味わえること間違いなしです。

・17世紀北欧の戦艦を模した バーサ号
鮮やかなエメラルドグリーンを基調にした海賊船“バーサ号”は、17世紀スウェーデンの国王が建設した戦艦“バーサ”をモデルとしています。戦艦バーサは、17世紀に建造された戦艦で唯一現存する船体なのだとか。
芦ノ湖クルーズ船“バーサ号”は、ライオンをかたどった美しい船首像や、ステンドグラスの天窓など豪華な装飾が目を引くクルーズ船です。また、甲板には海賊のオブジェがあり、写真スポットとして大人気。湖上の風に当たりながら、記念撮影を楽しんでみるのもよいでしょう。

・フランスの戦艦が再現された ロワイヤルⅡ
”ロワイヤルⅡ”は、18世紀にフランスで建造され、その後旗艦として活躍した“ロワイヤル・ルイ”をモデルとしたクルーズ船です。赤と白を基調にした船体と、当時の雰囲気を巧みに再現した船首像や船内外の装飾が特徴的。白を基調にした豪華な特別船室も、当時の洗練されたフランス文化が感じられるような内装になっています。乗船する機会があれば、この特別船室の雰囲気も楽しんでおきたいものです。
記念写真スポットとして人気の船長像や海賊の3Dアートなどもあるので、船内にいても十分に楽しめるようになっています。船内をゆっくり見て回るもよし、甲板に出て芦ノ湖の自然を楽しむもよしのクルーズ船といえます。

 

インターネット割引券でお得に

「箱根クルーズ船をお得に楽しみたい」という方は、インターネット割引券を利用してみましょう。これを、必要枚数をプリントアウトして支払い時にスタッフへ渡すだけで、片道運賃が10%割引になります。チケットは箱根海賊船の公式サイトから印刷することができます。

 

参考サイトURL

箱根観光船株式会社 「おすすめ情報」
箱根海賊船
http://www.hakone-kankosen.co.jp/recommend/index.html 2015/07/08参考

箱根観光船株式会社 「おとくなチケット」
箱根海賊船
http://www.hakone-kankosen.co.jp/ticket/index.html 2015/07/08参考

15/08/15|information

ページの先頭に戻る

箱根周辺を遊びつくす 1

縁結びの神様に会いに、九頭龍へお参り

箱根といえば、都心からも手軽に足を伸ばせる温泉地として人気のスポットです。そんな箱根の見どころは温泉のみならず、豊かな自然や美味しいご当地グルメ、そしてパワースポットと盛りだくさん。箱根のパワースポットのなかでも“九頭龍神社”は、縁結びの神様としてたくさんの参拝客が訪れる人気の神社です。
そこで今回は、良縁に巡り会える神社“九頭龍神社”の歴史や見どころ、アクセス情報を紹介します。

 

九頭龍神社の始まり

九頭龍神社は、芦ノ湖東部の湖上に建つ小さな神社です。九頭龍神社の始まりは、奈良時代の神話にまで遡るといわれています。当時、芦ノ湖には九つの頭を持った龍が住み着いていました。龍は洪水や嵐を起こしたり、近くに住む人間を襲ったりするなどして村人を苦しめていました。それを見かねた箱根神社の祖である“万巻上”は龍を調伏して改心させます。その改心した龍を祀るために建てた社が、この九頭龍神社の始まりだとされています。
現在、九頭龍神社は“水の神様”、そして“良縁の神様”として特に若い女性を中心に人気を高めています。九頭龍神社の本宮は芦ノ湖の森の奥にあり、神秘的な雰囲気が漂っています。

 

見どころといえばコレ!

“霊験あらたか”なパワースポットとして多くの参拝客が訪れる九頭龍神社。そんな九頭龍神社ならではの見どころは、参拝したらぜひ見て体験しておきたいものです。

・持ち帰りができる“龍神水”
九頭龍神社には“龍神水”とよばれる御神水が湧きだしています。龍の像から湧き出すこの龍神水は、口に含むと不浄なものを浄化して幸せを呼び込んでくれるのだとか。
また、この龍神水を飲むと恋愛運が上昇するともいわれています。龍神水は、おみくじやお守りなどが売られている神社の授与所で販売されている“龍神水持ち帰り用ペットボトル”に詰めて持ち帰ることができます。

・安産祈願にピッタリの“安産杉”
前述した龍神水の近くには、根本に大きな穴が開いた“安産杉”と呼ばれている杉があります。母胎のような形をしているため、安産祈願のご神木として祀られるようになりました。有名な武将とその妻も、この安産杉に安産祈願をしに訪れたといわれています。妊婦さんは安産を祈願して、九頭龍神社に訪れた際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

・毎月13日の月次祭
九頭龍神社では、毎月13日に月次祭が行われます。元箱根港から出航する参拝船で九頭龍神社の本宮まで向かい、神様へのお供え物を供えたり願い事をしたりして、約1時間の祭事を間近に見ることができます。毎月の月次祭の中でも6月の月次祭は“大祭”となり、毎年2,000人近くの参拝客が訪れる大規模なお祭りになります。

 

九頭竜神社へのアクセス

九頭龍神社には、箱根神社境内にある“新宮”と、芦ノ湖湖畔の奥深い森に囲まれた“本宮”の2つがあります。
九頭龍神社新宮(箱根神社)へのアクセスは、電車とバスを使うルートが手軽です。JR小田急線“小田原駅”からバスに乗り、1時間すると“元箱根”に到着するのでそこで下車します。さらにそこから10分ほど歩けば、箱根神社に到着するので、九頭龍神社新宮へ向かいましょう。
九頭龍神社本宮は、その箱根神社から徒歩で40分ほどの“箱根九頭龍の森”にあります。

 

参考サイトURL

芦ノ湖温泉旅行組合 「縁結びの神様に出逢う」
箱根 芦ノ湖で休景ステイ。
http://www.hakone-ashinoko.net/special_page001.html 2015/07/06参考

「縁結びの神様に出逢う 13日の例大祭&月次祭で良縁祈願」
和心亭豊月
http://hakone-hougetu.com/kuzuryu-jinja.html 2015/07/06参考

「人気パワースポット!箱根にある「九頭龍神社」で縁結び」
Find Travel
http://find-travel.jp/article/12351 2015/07/06参考

「箱根神社と九頭龍神社の行き方は?パワースポットの効果、ご利益何が違う?」
見つけた
http://omotoayano.com/hakone-jinjya.html 2015/07/06参考

15/08/01|information 新着情報

ページの先頭に戻る